未来へつなぐ

人が流れ、モノがゆきかい、情報が走る。
道路網の整備と、それに伴う架橋は古代から
インフラストラクチャーの原点でした。
人間が快適に暮らせる基盤をつくる土木は、まさに道づくりからはじまり、
文明の進歩と共にその技術を高度化させてきたのです。
私たちは、この未来につながる道路空間の創造に社会使命を持って取り組み、
国や自治体の要請を地域社会の活力として実現しています。

DCIM100MEDIADJI_0077.JPG

hyoshojo02

表彰状

「城陽IC寺田地区改良南川顔地区道路改良工事」
「城陽IC大林地区道路改良他工事」
上記工事に於いて厳しい工期の中で城陽IC開通に向けて無事に工期内に工事を完成したことが評価され、近畿地方整備局
京都国道事務所長より表彰状が授与されました。

miraihe2_a