自然をたもつ

水は生命の源であり文明の源。
古来、水を制するものは国を制し、自然を制するとまで言われました。
時代は変わり、今、水は限りある資源。自然とのと調和のなかで守りつつ
生かしていかねばならない時をむかえています。
人間がより快適に暮らすために
私たちは、人と自然のために水をいかにコントロールするかを考え、
構造物を造る上で常に自然との協調に心をつくしています。

shizen1
2019.8.1_災害対応等の協力感謝状(カラー)_page-0001-min

由良川の氾濫による被害を軽減し、
近畿地方整備局福知山河川国道事務所長より
感謝状を授与されました。